産後の骨盤の歪み・開き

骨盤のゆがみに最も影響を及ぼす原因に妊娠と出産があげられます。
女性特有の機能である妊娠・出産は、骨盤の開閉が著しく起こるため、妊娠前の元の状態に戻るまで時間がかかり、同時に歪みを引き起こしやすくなります。

妊娠中の骨盤は、妊娠ホルモン「リラキシン」の分泌が大きく作用して可動域の限界まで拡がります。特に子宮は、胎児の成長に合わせて胃を押し上げるほどに膨張します。

妊娠と出産を終えた後の子宮や骨盤の状態は、個人差はありますが通常であれば1ヵ月半から2ヶ月の産褥期を経て、徐々に妊娠前の状態に戻っていきます。

しかし、妊娠期間中における母体は、慢性的な運動不足の状態です。
安静な状態を維持するかわりに運動量は極端に減少し、骨盤周辺の筋肉の量は妊娠前と比べてかなり減少することになります。

腰回りの筋力低下は、深層筋の骨盤底筋・腸腰筋群が活力を失い、緩みや開きなどの歪みの原因になります。

骨盤が元に戻りにくい理由

産後の骨盤の歪みを長く放置すると、開いた骨盤内に内臓が落ち込んで下腹がポッコリしたり、骨盤周辺の筋量が低下した部位には皮下脂肪が蓄積しやすくなります。

これらの症状は、妊娠ホルモン「リラキシン」の過剰作用が原因することがあります。
リラキシンは、妊娠・出産に欠かせないホルモンですが、産後も一定期間にわたって作用するため、骨盤の歪み・開きを妊娠前の状態に戻す妨げの原因の一つとされています。

ゆがみや開きの症状が改善しない場合は、専門医の診療を受け、医師の指示のもと無理のない範囲で産後の骨盤矯正やダイエットが行う必要があります。

産後は体力の回復、子育てのため、対策をとる時間がないママさんも多いでしょう。
限られた時間のなか、無理なく履くだけ・巻くだけで産後の骨盤矯正ダイエットができる補正下着やハラマキ、骨盤ベルトなどの歪み矯正グッズが近年多く紹介されているので、自分の状態に合ったグッズを使用してみるのも良いでしょう。

ただし、帝王切開による出産をした場合は、必ず医師の指示を受けてから行うようにしましょう。

歪みの基礎知識コンテンツ一覧

大転子とは

ゆがみ矯正の基礎知識 骨盤が歪む原因

歪みのタイプ別紹介 ゆがみの種類

日常生活における姿勢習慣 歪みと姿勢やクセの関係

妊娠出産後のゆがみ 産後の開き・ゆがみ

O脚X脚とゆがみの関係 O脚と歪み

自分で出来るチェック方法 骨盤のゆがみチェック


このページの先頭へ

骨盤矯正ベルト・補正下着で歪み解消&大転子ケア

大転子の歪み解消でスタイルアップ

骨盤ベルトや補正下着を上手に活用すれば、日ごろ家事や育児、産後の無理の出来ない方や、仕事でダイエットやエクササイズなどの体操や運動に時間が取れない方でも、巻くだけ・履くだけで簡単に骨盤の歪みの矯正はモチロン、大転子のケアが可能になります。

大転子補正 グッズ

歪み矯正グッズ

歪み矯正補正下着

小尻・下半身痩せインナー

大転子矯正ができるグッズ

O脚 X脚の補正に効果的

大転子矯正ができるグッズ

巻くだけ・履くだけダイエットベルト

はくだけダイエット効果

歪み矯正エクササイズショーツ

ゆがみ・スタイル補正ショーツ

JJで大好評の矯正ショーツ

このページの先頭へ